医療medical

アメリカにおける患者サポートとJapanese SHAREの役割り


「乳がん」と聞いたらあなたは何を思われるでしょう?皆さんの周りで、乳がんを経験した人を知らない人はいないのではないでしょうか?メディアなどで有名人が乳がんの告知を受けたと報告されることなど、今では珍しくなくなってきています。

2013年にSHARE日本語プログラムとしてこの活動を始めた時は、日本人の乳がん発症率は18人に1人でした。それから毎年1人ずつ増えて、今では9人に1人になっており、8人に1人と発症率を保っているアメリカと、肩を並べる日はもう直ぐといった勢いです。これは決して悪い意味だけではなく、日本人の乳がん検診への意識が高まり、検診する方が増えた証拠でもあると思います。しかし、アメリカや韓国などの80%前後のマンモグラフィーの受診率に比べると、日本人女性の受診率は50%に満たないため、早期発見が難しくなっているのが現状です。

また、患者サポートミーティングに参加される方や、ヘルプラインにご連絡いただく日本人女性の乳がん発症年齢が、欧米人に比べて若いことに気付きます。小さなお子さんをお持ちのお母さんが、乳がんの治療に立ち向かうのは、ご家族のサポート無しには不可能な事です。

現在の乳がん治療は、がんを無くすためのいろいろな新薬の研究がされ、新しく開発された、遺伝子や腫瘍の性質などを知ることができる最新の検査方法と、承認された新薬とを組み合わせた治療が行われています。その結果、以前の様に抗がん剤治療や、乳房の摘出をする治療法が、当たり前ではない時代になっているのです。

2013年に患者さんのサポートを始めた頃、がんが他の臓器に転移をしている、いわゆるステージ4と呼ばれる患者さんに対するサポートをしている団体は少なかったのですが、今では、新しい検査方法と新薬のお陰で、ステージ4の患者さんは末期がん患者とは呼ばれず、転移がん患者と呼ばれるようになり、予後が以前と比べてとても長くなっています。治療を受けながら子育てや仕事を両立させて、生活をしている方が増えており、転移がん患者さんのためのサポートグループやポッドキャスト配信まで行われています。

乳がんは早期発見をする事で、治療の方針が大きく変わる病気です。乳がんの検診方法は、現在もマンモグラムが使用されています。マンモグラフィーは何歳からどのくらいの頻度で受けなければならないかは、国や機関、医師によっても意見は様々ですが、40歳になったら毎年マンモグラム検診を行うことをおすすめしています。そして、マンモグラム検診の際にはあなたの胸が、日本人女性に多いデンスブレスト(高密度乳房)であるかどうかを確認してください。もし、デンスブレストであると言われたら、ソノグラム検診(超音波検診)もしてもらうよう担当医にお願いしましょう。      

治療をするならアメリカ?日本?

アメリカ国内で日本語を話す専門医を探すことはたいへん困難であり、たとえアメリカ生活が長くても、聞き慣れない医療用語や、病院スタッフの対応の仕方などは、大きなストレスとなります。また、一人で病気と向き合わなければならなかったり、これからの生活への不安や、治療と仕事、治療と子育てなどを両立するにはどうすれば良いのかなども、もう一つの大きな課題でありストレスの原因でもあります。アメリカに住む日本人の中には、日本にいる家族から離れ一人で生活をしている方も多く、日本語で心情を分かち合ったり、気軽に医療情報を集めたりすることが難しいのが現状です。

アメリカにお住まいの方が病気になられた時に、自分が病気であることを受け入れると同時に、理解しておかなければならないのが、アメリカの医療システムです。アメリカの健康保険のシステムは州によって法律が違います。病院や医師に予約を入れる際、名前よりも先に聞かれるのが、どの健康保険に加入しているかです。

在米日本人は統計的にもアメリカの標準より教育レベルと収入の高い人が多いのですが、皆が皆、英語での会話に長けているわけではありません。アメリカでは患者が自分の病理を理解する権利を与えられているため、通訳を無料で頼む事ができます。自分は大丈夫と思っても、予約を入れる時に日本語の通訳が必要なことを伝えることをお勧めします。

2022年1月1日に〝No Surprise Act〟が施行され、緊急時などに受診したネットワーク外医師からのサプライズビルや、保険会社が支払わない差額を患者に請求するバランスビルから患者は保護されるようになりました。思いもよらない請求書が届いた時などに、支払い義務のない請求に応じてしまわないためにも、自分のお住まいの州の医療に対する法律を、政府機関のウェブサイトで把握しておくことが必要です。

Japanese SHAREの活動

私たちJapanese SHAREの母体である、SHARE Cancer Support は、乳がん、卵巣がん、子宮がんの患者さんをサポートする団体で、1976年からニューヨークを拠点に活動をしています。SHARE Cancer Support は同じ病気を経験した人が患者さんをサポートをする、ピアサポート形式をとっており、全てのサービスを無料で提供しています。

私たちがこの活動を開始してから8年目にあたる2020年4月には、母体であるSHARE Cancer Supportより、日本語での患者サポートを正式に活動内容の一つに加えていただく事ができました。

Japanese SHAREに、ヘルプラインやお問い合わせフォームなどでご連絡をくださる方は、病気になってからネット検索などで、この活動を知ったというケースがほとんどです。多くは、日本企業で働くローカル社員や、駐在に帯同されたご家族の方なので、この活動の存在を企業を通して従業員の皆さまに知っていただきたいと、これまでいろいろな方法で情報を発信していますが、残念なことに、事前に知っておいていただきたいアメリカの医療システムや病気についての情報が、皆様へ行き渡っていないのが現状です。

病気を機に帰国を考える方や、治療中に帰国をしなければならなくなった方などのために、帰国後の治療がスムーズに受け継がれるよう、日本各地にあるたくさんの患者会とつながりを持ち、常に情報交換を行なっております。また、治療中に日本からアメリカに移住される方には、アメリカで治療を続けるために日本から用意してこなければならない書類などのアドバイスも提供しています。

他にもJapanese SHAREは定期的に乳がん、卵巣がん、子宮がん患者さんのためのサポートミーティングを行っております。このサポートミーティングには、全米各地からだけでなく、日本から参加される方もおり、日米の医療情報を知るための場になっています。また、定期的に専門家をお呼びして開催している医療勉強会やセミナーは、オンラインでのご参加が可能となったため、アメリカや日本以外にお住まいの方々にもご利用いただいております。

Japanese SHAREのこれらのサービスは、母体であるSHARE Cancer Support の方針に従い、全て無料で行っています。

日本語ヘルプライン/お問合せ
347-220-1110

※留守番電話につながるので、必ずメッセージ(①ご相談内容 ②お名前 ③お電話番号 ④お住まいの州⑤お電話を差し上げるのに都合の良い時間)を残してください。追って担当者から連絡を差し上げます。

お電話以外にも、EメールやWebサイト内のお問い合わせフォームからのご連絡も受け付けております。

タグ: , ,

Japanese SHARE 

No Image
所属
Japanese SHARE 
住所
165 W 46th St., Suite 712, New York, NY 10036
TEL
347-220-1110
Email
admin@sharejp.org
URL
https://sharejp.org/