生活living

北米で安心して日本語番組を楽しむ


「dライブラリ・ジャパン」

北米で日本語放送を観たい場合、日本のテレビ番組を24時間放送している唯一のチャンネル「テレビジャパン」をスペクトラムなどの指定ケーブル会社を通じて有料で観ることができる。しかしエリアやケーブル会社によってはテレビジャパンを観られず、悔しい思いをしている人も多いだろう。

日本で話題の最新ドラマも登場

「dライブラリ・ジャパン」は、アメリカ・カナダ在住者を対象に、2018年1月から開始された日本語コンテンツに特化したネット配信型のストリーミング動画サービス。テレビジャパンを運営するNHKコスモ・メディア・アメリカが手がけており、インターネット接続さえあれば、パソコン、モバイル端末やアップルTVやRokuといったストリーミング機器で日本の動画コンテンツをHDの高画質で楽しむことができる。

テレビジャパンが、同時放送でニュースなどの日本の最新情報を放送しているのに対し、dライブラリ・ジャパンでは、すでに日本で放送されたコンテンツで構成され、もう一度観たい、日本でヒットしたドラマやバラエティ、映画、ドキュメンタリー、趣味の番組、アニメ、子ども番組などがNHK、民放の番組問わずラインナップされている。

最近は、現在日本で放送中の一部の番組も日本とほぼ同時期に観られるようになっていて、今後もコンテンツの充実化が進められる。2022年3月現在、ほぼ毎週1〜2本以上のペースで新しいタイトルの配信を開始しており、日本の新春特別ドラマや現在放送中のドラマなども視聴できるようになっている。

安心して使える正式なサービス

 ネット配信型ストリーミングという新しい選択肢が登場し、同時に世界各国の番組を無断で配信する違法業者の横行が問題視されている。こうした違法サービスは、配信する側だけではなく視聴する側も犯罪となる。また、こうした著作権・放映権の問題だけでなく、個人情報流出なども大きな問題となっているため注意が必要だ。dライブラリ・ジャパンは、正式に権利許諾を得た動画配信サービスであり、こうした心配なく日本語動画を楽しめることも魅力だ。

値段は月額9ドル99セント(カナダ在住者は12ドル99セントカナダドルで課金)の定額料金で、契約期間中は時間制限も追加料金もなく、どのコンテンツも見放題となる。もちろんケーブル契約の必要もない。視聴するには、dライブラリ・ジャパンのウェブページ(https://dlibjapan.net/)にアクセスして、名前やEメールアドレス、パスワード、クレジットカードの支払い方法などを入力して登録を済ませれば、すぐにログインして好きなコンテンツを観始めることができる。

月毎の契約のため、キャンセルも自由で、しばらく契約解除したい場合にもネットから手続きすればOK。アメリカ・カナダ以外からは視聴できない仕組みになっているため、日本帰国や長期国外出張でアメリカ・カナダを離れる際には一旦解約し、戻り次第再契約することも可能。

まずはどんなものか使い勝手を試してみたいという人のために、お試しサービスも用意されている。

観たい時に、観たい番組を、好きなデバイスで

 原則的にはパソコン、スマートフォン、タブレットなどのデバイスでの視聴となるが、Roku、AppleTV、Chromecastなどのストリーミングデバイスを利用してテレビの大画面で視聴することもできる。もしくはスマートフォンなどの端末からテレビにミラーリングで飛ばしたり、デバイスをHDMIケーブルで接続しテレビに出力するなど、各自が好きなスタイルで楽しめる。ライブではないので、いつでも気になる場面に戻ったり、好きな場面だけ次の日に見直すことも可能。また、1つのアカウントで同時に2つのデバイスを使って視聴できるため、子供部屋ではiPadを使ってアニメを流し、大人はリビングのテレビで映画を楽しむことも。観たい時に、観たい番組を、好きなデバイスで観られるのがdライブラリ・ジャパンの醍醐味だ。

キャンペーンなども用意、それぞれの楽しみ方

番組は、在北米の日本人を想定した日本語コンテンツとなっているが、一部英語字幕のクローズドキャプションを用意したものもある。また、日本語が読める人や日本語を学んでいる非日本人にも教材の一つとして利用することもお勧めできる。時期によってはお得なキャンペーンもあるので、こうしたタイミングを狙って登録するのも良いかもしれない。

タグ: , ,

《取材協力》 NHKコスモ・メディア・アメリカ社

No Image
所属
NHKコスモ・メディア・アメリカ社
肩書
dライブラリ・ジャパン
URL
https://dlibjapan.net/