生活living

アメリカで最大限テレビを楽しむ


衛星放送/ケーブル・IPTV/ローカルチャンネル/日本語放送

アメリカでは、ナショナルネットワーク、ローカルネットワークなどを合わせると膨大な数のテレビチャンネルがある。そしてその内容も、一般向きや子供向き番組から映画専門、音楽専門、アート専門、科学系、旅行番組、料理番組、ニュースなど多岐にわたっている。通信システムがアナログからデジタルに変わったことによって、より多くの情報をより速く伝達できるようになり、多チャンネル化に拍車をかけている。また、海外の放送でもライブで見られるなど、番組の充実度も大変高くなってきた。こうした利点を、日常生活に生かさない手はない。ただ、ごまんとあるサービスの中から、いかに各自のニーズに合ったものを選び出していくかが問題となるだろう。ここでは、アメリカのケーブルテレビや衛星放送、そして日本の番組受信などに触れながら、有効なテレビの楽しみ方を考えてみよう。

衛星放送

電波を直接受信するため、各家庭でパラボラ・アンテナ・キット(SatelliteDish)、受信システム(Receiver)とリモートコントロールが必要となる。アンテナは18インチ程で、家の外壁やデッキ、屋根、更には地面にも取り付け可能になっている。ただし、ビルの多い地域では障害物が多いため多少の困難を伴う場合もある。また賃貸の場合、家主の許可を得てから建物自体を傷付けない方法でアンテナを設置することになる。

ディレクTV(DIRECTV)とディッシュ(DISH)がこの衛星放送のサービスを行っているが、スポーツ番組の充実に力を入れているディレクTVは、NFLを筆頭にスポーツファンに人気がある。

【サービスエリア】

ディレクTV、ディッシュともに全米でサービスを展開しており、ローカルチャンネルを提供、基本的にどこでも衛星放送が受けられると考えてよい。

【申し込み方法とアンテナ設備】

衛星放送の申し込みは電話でも各社のオンラインでもできる。アンテナなどの必要機器に関しては、買い取る必要はないが、レンタル料がチャージされる場合もある。受信には正確に衛星をとらえることが要求されているだけでなく、壁を通してテレビに配線する必要もあるため、機器はサービス提供会社または代理店がサービスの一環でインストールをしてくれる。

【サービスと料金】

各社サービスの内容は様々だが、基本的にはスタンダードからそれにプラスアルファを加えたパッケージ商品を用意している。

ディレクTVの料金は、160チャンネルのパッケージからHBOやShowtimeなどの映画チャンネルも含む330チャンネルのパッケージまで、パッケージによって料金が異なるため、自分に合ったパッケージを選択することをお勧めする。日本語テレビチャンネルのテレビジャパンは月額25ドルで、JapanDirectも月額25ドル(テレビジャパンとJapanDirectを合わせて取ると月額45ドル)で追加できる。ディッシュでも、190チャンネルのパッケージから290チャンネルのパッケージまで様々なパッケージがあるため、ニーズに合ったものを選択することをお勧めする。こうしたテレビサービスの他、インターネットサービスがあり、新規申込み限定の低価格オファーを宣伝していることもある。(料金は2022年2月現在)

衛星放送問い合わせ先

ケーブルテレビとIPテレビ

全米には、星の数ほどのチャンネルがあるが、これを同軸ケーブルや、最近ではファイバーなどの分配網を利用して各家庭に伝達する、ケーブルテレビやIPテレビが主流となっている。衛星放送に比べてケーブルは随分古くからあり一般的なシステムだが、これは住む地域にサービスを提供しているケーブル会社と契約するため、顧客側には会社を選ぶチョイスはほとんどない。

ニューヨーク近郊を例に挙げると、市内ではSpectrum、ウエストチェスターやニュージャージー方面ではOptimum、コネティカット南部ではXfinityなどといった選択になるだろう。

ケーブルチャンネルを見るためには、まずそのケーブルが届いていることと、シグナルをキャッチするためのコンバーターボックスが必要となるが、古くからあるシステムであることもあり、ケーブルは住宅地ならほとんどの地域に行き届いていると考えてよいだろう。

各ケーブル会社の料金体系はほぼ似通っており、大差はない。ただ、同じ会社でも地域によって基本料金に差があるところもある。大概、ベーシック料金があり、それに映画チャンネルなどが入った種々のパッケージサービスが用意されていて、好みに合わせて顧客がそのパッケージを選択することになる。パッケージの組み方と料金はケーブル会社や地域によって異なる。ケーブルやIPテレビでも、テレビの他、インターネットや固定電話追加など様々なサービスがあり、新規申込み限定の低価格オファーを宣伝していることもある。

また、サスペンションサービスといって、一定期間、低料金でサービスをストップしてもらうサービスもあり、家族で1ヵ月ほど日本に行くなどといった時に便利なサービスなので、それぞれの会社に確認してみるとよい。

ライブテレビをコントロール

デジタルケーブルのオン・デマンド(On Demand)では、好きな映画や人気番組などを好きな時にオーダーできる。テレビのオン・デマンドがセットされているチャンネル上で、リモートコントロールを操作するだけで、番組をオーダーできる。ポーズや早送りなども可能なので、DVDと同じ感覚で楽しめる。無料で視聴できる番組も多数揃っており、映画などを購入することもできる。

ライブテレビを一時停止したり時間を遅らせて後から見ることができるサービスもあり、忙しい現代人には欠かせないものとなってきている。

また、デジタル録画が可能なDVR(月々の費用は別途かかる)を申込むと、テレビを見ている間に裏番組を同時に最大1万番組まで録画することができる。録画予約をし忘れた番組を放送直前でもウェブやアプリを通して操作することが可能だ。こうしたサービスのおかげで楽しみにしていた番組を見逃して残念な思いをしなくてもよくなった。

アメリカで日本語放送を楽しむ

日本のニュースを確実にキャッチしたい、また子供の日本語保持の一つのツールとして日本のテレビ番組は欠かせないという人も多いだろう。1991年に放送が開始されたテレビジャパン(NHK Cosmomedia America, Inc. ニューヨーク市)は、ディレクTVおよび地域によりケーブルやIPTVのプレミアム・チャンネルとして、NHKを中心に、TBS、テレビ朝日、テレビ東京、日本テレビ、フジテレビ、WOWOW等民放各局からより選りの番組を1日中楽しむことができる、北米全域をカバーする24時間日本語テレビ放送だ。その内容も、ニュースをはじめ、最新ドラマや話題の映画、ドキュメンタリー、バラエティ、音楽番組、生活情報、趣味・教育からアニメや子ども番組まで、家族全員のニーズを満たしてくれる番組構成となっている。

最新の番組情報は、テレビジャパンのウェブサイトでチェックできる。視聴料は、月額14.99〜25ドル程、サービスプロバイダーによって異なるので、利用プロバイダーへ直接問い合わせするとよい。

テレビジャパンを視聴するには、まずディレクTV、ローカルのケーブル会社またはIPTVサービスと契約し、追加チャンネルとして申込みする必要がある。ケーブル会社/ IPTVを通してテレビジャパンを視聴できる地域は限られているので、受信可能な地域はサービスを提供しているケーブル会社/ IPTV会社に問い合わせよう。申し込みも直接各サービスプロバイダーに連絡する必要があるが、質問などがあればテレビジャパンのカスタマーサービスが日本語でサポートをしてくれるので、気軽に問い合わせができる。

テレビジャパン(TV JAPAN)
1-877-885-2726(日本語カスタマーサービス)
www.tvjapan.net

下記配信会社のサービスの新規申し込みは日本語で対応している。
Spectrum
1-877-987-3324
https://www.tvjapancables.net
www.tvjapancables.net/

前述のようにアメリカには膨大な数のチャンネルがあり、数え切れないほどの番組が放送されている。テレビはあまり見ないという人も、人気番組のタイトルだけでも知っておくと、パーティーなどで共通の話題がないアメリカ人との話のきっかけに使えるかもしれない。番組スケジュールなどは、雑誌TVガイド、またはwww.tvguide.comで簡単に調べることができる。

タグ: , , , , , ,

《取材協力》 テレビジャパン

No Image